健康づくり活動報告

当社がお手伝いさせていただいた、健康づくり活動としての講習会やセミナー、イベントの様子をご紹介させていただきます。健康づくりに必要な運動や食事の知識習得や、体力づくりに有効な運動技能の習得、またストレス解消や社員親睦を目的としたウォーキングイベントやハイキング等、いろいろな内容で健康づくり活動をお手伝いさせていただいております。参考事例として少しでもお役に立てれば幸いです。

過去の活動報告
2015年度~2016年度 活動報告
2013年度~2014年度 活動報告
2011年度下期~2012年度 活動報告
2011年度上期 活動報告
2010年度   活動報告
 
 

「2017年7月 女性のためのフィットネスプログラム」

暑い日が続き、天気の移り変わりが激しい最近、体調の変化にも注意したいですね。

 

さて、先日は女性のためのフィットネスプログラムの依頼を頂きました。

 当社では、4050代の男性従業員向けの健康プログラム依頼が一番多く、

対象者が“女性のみ”という依頼は、少ないのでとても新鮮でした。

 

まずは、今の自分の体を知ってもらうべく、体組成計Inbodyを使って体測定をしました。

そのあと、60分間のプログラムで、女性が気にしやすい
お腹周りや二の腕などを引き締める筋力運動を中心にトレーニングを行いました。

 

参加者の皆さまは、夏までに気になるところをなんとかしたい!
という方が多く熱心に聞いてくださいました。

 

男性の場合だと、健康体でいたい、健康維持をしたいという方が多い反面、

女性は理想の体になりたい、きれいでいたいというような志向が強いような気がしました。

 

メタボや糖尿病の予防というと中年男性を思い浮かべますが、筋力低下は、男性も女性も同じようにあります。

男性だけでなく、女性にも健康づくりの意識を持ってもらい、職場全体の活性化につなげたいという担当者さまの意見をお聞きしました。

 

今回の開催は女性限定でしたが、職場で展開し健康体力づくりを広げていただけると嬉しいです。

 

女性向けの健康づくりを考えられる方はぜひお気軽にご相談ください。

アロマヨガや美ボディメイクトレーニングがとても人気です。

性別・年代に合わせたプログラムをご提案させていただきます。

「2017年 6月29日 健康づくりセミナー」

 ジメジメとした日が続きますが、そんな蒸し暑さを忘れるほど忙しくなってまいりました!
 この時期は年度が変わり、少しずつ仕事が流れに乗り始めます。企業や自治体も同様なのか、セミナー開催の依頼が増えてくるのも、ちょうどこれからです。
 
 今回は3つのセミナーをご紹介します。
 まずは、大手企業の従業員を対象にしたセミナーを2つ。
 (1)1つ目は、高齢化に向けた体力づくりを目的とした意識付けセミナーです。体力測定「ベストパフォーマンス」を行い、講義と実技指導をさせていただきました。何十年ぶりの体力測定は、意識付けにはピッタリで、皆さん口をそろえて「思っていたより出来ない…」と日頃の運動不足を実感していました。
 (2)2つ目は、30代を対象にした生活習慣改善セミナーです。メタボ予防を軸に、運動と食事について講義と実技を行います。中でも実技は、ラジオ体操指導、セルフ体力チェック、体力づくり運動指導など盛りだくさんでした。日頃のストレスを発散しながら気持ちよく汗を流すことができたと思います。
 (3)3つ目は、地域の高齢者を対象とした転倒予防セミナーです。転ばないためには、平衡性、敏捷性、筋力などが必要です。様々なセルフチェックを行い、日頃一人でもできるホームワークを紹介させていただきました。また、認知症を予防するための運動「コグニサイズ」を行い、頭も体もしっかりと働かせて終了。
 
​ 一口に健康づくりセミナーといっても、その目的や内容は様々です。「何とか運動習慣をつけさせたい」「健康診断の値を改善させたい」など、担当者様のご要望に合わせてオリジナルのプログラムを作成させていただきます。健康づくりでお悩みの際は、ぜひ一度当社までご相談ください。
​                                                     本社指導部 田口直樹

(1)足は思い通りに動かせますか?
(2)ボクシングエクササイズで脈拍チェック
(3)最高齢は94歳!自転車で颯爽と会場入りです。すごい!


「2017年 5月28日 ノルディックウォーキング体験会」

 日差しがまぶしくなってきました。夏に向けてシェイプアップしたいという方にオススメしたいのが、ノルディックウォーキングです。二の腕の引き締め効果、姿勢改善効果、もちろんダイエット効果も期待できるノルディックウォーキングの体験会を行いましたので、一連の流れを写真とともに報告します。
​ 今回は、刈谷ハイウェイオアシス内の温泉施設【かきつばたの湯】様での様子です。

1.まずは体組成計で筋肉量をチェック。定期に参加される方は変化が気になる様子…。併せてポールの使い方を学びます。体の後ろに突くことで、推進力を得ることができるのですね。
2.次に準備運動。運動するためのスイッチを入れるように、ポールを使って全身をほぐしながら温めていきます。
3.いよいよ歩き方の練習スタート!始めはポールを引きずりながら、自然な歩き方を確認します。いきなりポールを握ってしまうと余計な力が入ってしまい、ぎこちない動きになってしまいますよ。
4.コースウォーキングでは自然を感じながらのびのびと歩いていきます。会話も弾み、約3kmのコースもあっという間に感じられました。
5.最後は整理体操も行います。疲れを溜めないことも運動を習慣化するためには大切です。しっかり頑張ってくれた筋肉を優しくほぐしてあげましょう。
6.全員で記念写真をパチリ。運動の後は晴れやかな表情でいっぱいです。温泉でゆったり汗を流して終了。

 次回は6月25日(日)を予定しています。「少し運動したいな~」という方、一緒に歩いてみませんか?ポールを用意してお待ちしています。
                                                     本社指導部 田口直樹

 

「2017年 4月10日 春、新しいこと始めてみませんか?」

JNFA(日本ノルディックフィットネス協会)認定・ノルディックウォーキングの指導者資格【ベーシックインストラクター】を取得しました!専用ポールも新調し、これからどんなコースや人との出会いが待っているかと思うと楽しみでなりません

本日は名古屋市名東区にある「いたかの森」を歩いてきました。街中に突然広がる大自然!雨上がりの土の匂い、新緑に包まれた空気を全身に浴びながら、約1時間ほどノルディックウォーキングを楽しみました。アスファルトパッド(ポール先端のゴム)を外し、ザクザクと地面を突き刺しながら進みます。4輪駆動で山道を進むスピード感はとても爽快でした。ポールが無ければ辛いであろう坂道やぬかるみも、気にならないほどの安定感は、さすがノルディックウォーキングです。アスファルトでのノルディックウォーキングもスタイリッシュで良いですが、少し足を伸ばして山道や田んぼ道などでアウトドアを満喫するのもオススメですよ!

​                      本社指導部 田口直樹
このページのトップへ

[人事・労務支援] 企業社員の健康管理・生活指導を支援します|総合体力研究所